林檎の本トップページ > 出版物情報 > 沖縄・宮城島の十二ヶ月

書籍・出版物詳細

沖縄・宮城島の十二ヶ月
沖縄・宮城島の十二ヶ月
詳細

沖縄で一番無名な島『宮城島』に移住した川上一家。
島興しを考えるに至った一年間の暮らし。

内容 


30才の頃から田舎の移住を繰り返している自称「移住のプロ」である著者が初めて海を越えて、一家で沖縄への移住を果たす。三匹のわがままな老犬達を乗せて鹿児島まで車、そこから犬たちと一緒にフェリーで沖縄へ。

裁判所の競売で、格安な家(格安なだけに問題ありげな)を手に入れ、問題はなんとか解決。しかし、さすがの「移住のプロ」も、沖縄移住には今までのジョーシキが通用せず、失敗の連続 ! そして今まで一度も近所付き合いをしたことのない著者が、過疎化のすすむ島で、審議委員になり、祭りに参加し、島にとけ込んでゆく。

「沖縄・宮城島のゆったりとした生活の魅力」を味わいながらも、
老人の独り住まいや、集落の活力の中心・小学校の廃校の危機などに直面して、本物の島興しを志す!
ほどなく、宮城島の島興しで日本国中騒がれる予定 !

著者/川上 宏プロフィール
1954年生まれ。人気の旅行ガイド「沖縄・離島情報」創刊編集長。2007年10月、沖縄本島東海岸にある宮城島に移住。著書に「本当に治ったよ!」(全三巻)、「サマータイム」(林檎プロモーション刊)。

続きを表示
沖縄・宮城島の十二ヶ月
定価1,572円(本体1,429円+税)
978-4-947653-83-3
発行日 2009年09月19日発売

サイズ:B6判(182 x 128mm)
288ページ

別巻/バックナンバー

  • GAFF The Damage Zone
    GAFF The Damage Zone
    2007年08月23日発売
    「スーザンと卑弥呼と子供共」の鈴木剛が編集長の、アナーキーな新型アート雑誌
  • スーザンと卑弥呼と子供共
    スーザンと卑弥呼と子供共
    2007年01月12日発売
    この本だからこそできるアートの表現方法は、まったく新しい芸術表現だと分かると思います
  • サマータイム
    サマータイム
    1998年02月28日発売
    沖縄の楽しみ方、素晴らしさをふんだんに散りばめた小説
  • ログハウスごっこ
    ログハウスごっこ
    1986年12月25日発売
    ログハウスを作る!